【速報】ファイザーのコロナ飲み薬を特例承認[2022/02/10 20:50]

 新型コロナウイルスのファイザー社製の飲み薬「パキロビッド」が特例承認されました。コロナ向けに開発された飲み薬の承認は2例目となります。

 後藤厚生労働大臣は10日午後8時すぎ、パキロビッドを新たに特例承認したことを明らかにしました。

 パキロビッドはアメリカの製薬大手「ファイザー」が開発したコロナの軽症や中等症向けの飲み薬で、重症化リスクのある成人か12歳以上で体重40キロ以上の子どもが対象で、発症から5日以内に服用します。

 臨床試験では入院や死亡のリスクを9割近く減らすことができたということです。

 政府は年内に200万人分の供給を受けることを最終合意をしていて、まずは4万人分が納入される見通しです。

 早ければ14日から全国2000の医療機関に届けられ、投与が始まります。

 国内でコロナの飲み薬が承認されるのはメルク社の「モルヌピラビル」に続いて2種類目です。

こんな記事も読まれています