ウクライナ人漫画家が授賞式断念「また描けると…」[2022/03/04 17:45]

 ウクライナ人の漫画家は日本で行われる授賞式への出席を断念せざるを得ませんでした。

 「日本国際漫画賞」の優秀賞にウクライナ人の漫画家、ナタリヤ・レレキナさんとギルベルト・ブリッセンさんが選ばれました。

 作品名は「月に選ばれし娘」で、主人公たちが呪いを解くために勇気と信頼などの意味を見いだし、互いに成長していくファンタジーです。

 選考委員を務めた漫画家・赤松健さん:「ストーリー構成、絵、デッサン、すべての面においてほとんど満点に近い。ロシアによるウクライナ侵攻ありましたけど、去年のうちに選ばれているので実力です」

 2人からはロシアのウクライナ侵攻によって現地情勢が悪化したため、オンライン授賞式への出席を辞退すると連絡があったということです。

 ナタリヤさんは「私たちは大丈夫です。心配ありがとう。戦争はすぐに終わって、また漫画が描けると信じています」とメッセージを寄せています。

 また、選考委員らを派遣した日本漫画家協会は「破壊、殺戮(さつりく)、分断等を生じさせる武力行使の速やかな停止を望む」と、声明を出しています。

こちらも読まれています