小児ワクチン副反応疑い16件 心筋炎など重い症状も[2022/04/14 09:31]

 厚生労働省は、新型コロナワクチンを接種した5歳から11歳の子どもについて、これまで副反応の疑いが16件報告されたと発表しました。このうち2件で、心筋炎など症状が重くなったということです。

 5歳から11歳への子どもへの接種は2月下旬から始まり、3月20日までに推定で21万5000回余りの接種が行われました。

 厚労省によりますと、接種後に副反応の疑いが報告されたのは16件で、症状の多くは接種の際に感じる痛みやストレスからくる血圧の低下や脈拍の減少などでした。

 16件のうち症状が重いと判断されたのは2件で、3月にワクチンを接種した7歳の男の子は、心筋炎・心膜炎などが疑われると診断されました。

 症状はその後、軽くなったということです。

 厚労省は副反応の頻度について、「12歳以上と比較して低い傾向にある」としたうえで、「重大な懸念は認められない」としています。

こんな記事も読まれています