ワクチン4回目接種 高齢者などに限り5月末にも 厚労省[2022/04/27 23:31]

 厚生労働省は、新型コロナワクチンの4回目の接種について、高齢者と基礎疾患のある人などを対象とすることを決めました。早ければ来月末にも始まります。

 厚労省によりますと、4回目の接種は60歳以上の高齢者のほか18歳以上で重症化リスクの高い基礎疾患のある人、医師が重症化リスクがあると認めた人が対象となります。

 接種の間隔は3回目から5カ月以上開け、早ければ来月末にも始まる見通しです。

 基礎疾患のある人については自治体が一元的に把握しづらく、厚労省は今後、接種券の配送方法について検討するとしています。

 このほか、3回目の接種間隔についてもこれまでは6カ月とされていましたが、5カ月に短縮されます。

こんな記事も読まれています