「小児用ワクチン」接種後に11歳女児死亡 死亡報告は初[2022/05/13 17:20]

 厚生労働省は5歳から11歳用の新型コロナワクチンを接種した11歳の女の子が死亡したと発表しました。小児用ワクチンを接種した後に死亡が報告されたのは初めてです。

 厚労省によりますと、11歳の女の子は先月28日に5歳から11歳用のファイザー製ワクチンの2回目を接種し、その2日後に死亡しました。

 女の子は生まれた直後から脳性まひなど重い基礎疾患があり、人工呼吸器を着けていました。

 死因は呼吸不全とみられています。

 小児用ワクチンを接種した後に死亡が報告されたのは今回が初めてです。

 厚労省の専門部会は「情報不足などによりワクチンと死亡の因果関係は評価できない」としています。

 厚生労働省は「ワクチンの接種体制に影響を与える程の重大な懸念は認められない」として、引き続き国内外の報告を注視するとしています。

こんな記事も読まれています