【速報】美咲さん親族「早く家に帰してやりたい」[2022/05/14 20:45]

 山梨県道志村の山中で見つかった肩甲骨のDNA型鑑定の結果、行方不明になっている小倉美咲さんのDNA型と一致したことが分かりました。

 警察は道志村の山中の枯れた沢で今月4日に見つかった人の右の肩甲骨のDNA型鑑定を進めていました。

 その結果、3年前に近くのキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さん(当時7)のDNA型と一致したと発表しました。

 警察は司法解剖した医師の意見を踏まえ、肩甲骨が生命維持に欠かせないものであることから、美咲さんは死亡していると判断したとしています。

 今回の鑑定結果について警察は美咲さんの両親に直接、会って伝えたということです。

 美咲さんの親族がANNの取材に応じ、「ずっと信じて待っていたので、まさか骨になって帰ってくるとは思わず、ただただ悲しいです。今はただ時間をかけて受け入れていくしかないと感じています。美咲であることが分かった以上、早く家に帰してやりたいです」と話しました。

 現場周辺では、これまで肩甲骨のほか、子ども用の運動靴、靴下などが見つかっています。

 警察は運動靴と靴下について、いずれも個人を特定するだけのDNA型が検出されなかったとしています。

 警察は15日以降も引き続き現場周辺の捜索を行う方針です。

こんな記事も読まれています