世界初!“生きた”皮膚で覆われた指型ロボット開発 傷も自力で修復可能[2022/06/10 00:00]

 人工培養された“生きた”皮膚で覆われた指型のロボットを世界で初めて開発することに成功したと東京大学が発表しました。

 折り曲げたり伸ばしたり、関節にはしわまでできています。本物の指に見えるこちらが今回開発されたロボットです。

 東京大学の竹内昌治教授によりますと、人の皮膚細胞を培養して作った「培養皮膚」を利用することで、“生きた”皮膚を持つ指型のロボットの開発に世界で初めて成功しました。

 皮膚の一番外側にある「表皮」とその内側にある「真皮」の構造を実現し、およそ1.5ミリ程度の厚さでロボットを包んでいます。

 培養皮膚は医薬品などの試験素材や動物実験の代わりとして利用されていましたが、ロボットのような立体物に利用することはできていませんでした。

 真皮細胞は、培養する際に縮む性質があるため、今回、キノコ型の留め具を使ってロボットに固定させました。

 その後、回転させながら表皮細胞をまくことで、指に培養皮膚をまとわせることができたということです。

 現在、人間とのコミュニケーションを目的としたソーシャルロボットの主な素材はシリコンゴムですが、修復能力やセンサー能力、人間らしさなどが課題となっていました。

 培養皮膚は人間らしさに加えて、傷付いてもコラーゲンシートを傷口に貼ることで細胞が移動・分裂し、自力で修復することが可能だということです。

 今後、「神経系」や「感覚器」を導入することができれば、皮膚全体を触覚センサーにしたり、鼻の嗅覚受容体を再現して取り付けることで皮膚で嗅ぐこともできたりするのではないかとしています。

 現段階では養分を巡らせる働きがないため培養液から出すと寿命は1時間ほどですが、今後「血管」などの構造も実現させて長寿命化を目指すということです。

 東京大学・竹内昌治教授:「今回一番のポイントは生物の機能を取り込んだバイオハイブリッドロボットの一例を示すことができた。要素技術は色んな分野に展開できると思っていて、例えば移植材料の皮膚、医薬品や化粧品を検査するための皮膚モデル、動物を犠牲にしない革製品への応用、義肢義足を皮膚で覆っていくことも考えられる」

(テレビ朝日社会部 松本拓也)

こんな記事も読まれています