朝食の「パンとご飯」両方を食べた50代の幹部自衛官が懲戒処分[2022/06/22 18:55]

 入間基地の食堂でパンとご飯の両方を食べた50代の自衛官が懲戒処分を受けました。

 “定食”で、ご飯とパンの両方取って停職処分。その処分を受けたのは幹部である50代の1等空尉です。

 航空自衛隊入間基地で起きた今回の問題。なぜ幹部の自衛官が、ご飯とパンを一緒に取ったのでしょうか。

 現場となった入間基地は埼玉県にある航空自衛隊の基地であり、日本のトップガンとも言えるブルーインパルスの飛行イベントなどが行われています。

 問題が起きたのは4月26日の朝食の時間。

 基地に住む隊員は無料ですが、基地の外に住む50代の1等空尉は1食234円の食費を払っていました。

 本来ならご飯かパン2個、どちらかを選ぶのですが、ご飯の次にパンも取ったのです。

 このことを配膳係に指摘され、問題が表面化。

 停職処分を受けた1等空尉:「認識不足だった」

 過去には海上自衛隊の名物カレーを対象外の防衛事務官が食べて懲戒処分を受けたケースも。

 入間基地のホームページを見ると食堂について「体力・気力を維持増進させ、士気を高揚させることを目的にしている」といいます。

 町の人に話を聞くと…。

 「停職処分」を聞いた町の人:「別にそのくらいいいんじゃないかと思う」

 その後、パンは食べることはなく返却したといいます。

 停職処分を受けた1等空尉:「ご飯は減らして取り、パンも取った」

 50代の1等空尉は停職3日の懲戒処分を受けました。

 停職処分を受けた1等空尉:「取ったパンは後で食べようと思った」

 そう話しています。

こんな記事も読まれています