国税庁が東京国税局の市川局長に厳重注意処分[2022/06/23 19:42]

 国税庁は東京国税局の現役職員が持続化給付金の詐欺容疑で逮捕・起訴されるなど一連の事件を受け、東京国税局の局長を厳重注意処分としたことを発表しました。

 東京国税局では、職員らが持続化給付金の詐欺容疑や傷害容疑で逮捕・起訴されるなど不祥事が相次いでいます。

 一連の事件を受けて国税庁は23日、職員の綱紀保持の責任者として東京国税局の市川健太局長を厳重注意処分としました。

 国税局の局長が処分を受けるのは、過去10年で初めてということです。

 市川局長は、処分にあたり「今回の処分を重く受け止め、国民の皆様の信頼回復に努めて参りたい」と話したということです。

 国税庁は「高い倫理意識を求められる国税職員がこのような事態を招いたことは誠に遺憾で深くおわび申し上げます」とコメントしています。

こんな記事も読まれています