茨城23歳女性監禁 遺体遺棄の疑いで男を再逮捕へ[2022/06/24 00:00]

 東京都内の23歳の女性を監禁したとして33歳の男が逮捕され、山林で女性が遺体で見つかった事件で、警視庁が女性の遺体を遺棄した疑いで男を再逮捕する方針を固めたことが分かりました。

 三瓶博幸容疑者(33)は5日、茨城県常陸太田市の別荘で23歳の女性に手錠を掛けて監禁した疑いが持たれています。女性は18日、別荘近くの山林で遺体で見つかりました。

 その後の捜査関係者への取材で、山林に女性の遺体を遺棄したとして、警視庁が24日にも三瓶容疑者を再逮捕する方針を固めたことが分かりました。

 三瓶容疑者の車のドライブレコーダーには、遺体発見現場の方に向かう様子が記録されていました。

 三瓶容疑者は当初の取り調べで、「別荘で女性に手錠を掛けた」「合意のものであったので、不当な拘束ではない」などと話していましたが、その後、黙秘しています。

こんな記事も読まれています