一生に一度?奇跡の天体ショー「惑星パレード」とは[2022/06/23 18:33]

 7つの惑星が一列に並びます。いつどこで見られるのでしょうか。一生に一度とも言われる奇跡の天体ショー「惑星パレード」が訪れます。

 24日の明け方、一生に一度見られるかどうかの「惑星パレード」が見られるかもしれません。

 国立天文台・渡部潤一上席教授:「公転周期がそれぞれ違うものが同じ方向にやってきて、いっぺんに見えるのは数十年から場合によっては100年以上ないのかもしれませんね」

 ネットでは「#惑星直列」「#惑星パレード」などの言葉が、今月に入って何度もトレンド入り。

 名古屋市の三輪神社では惑星パレードの御朱印が限定販売され盛り上がりを見せています。

 三輪神社・平尾晴美宮司:「今回、宇宙の方でこういった『パレード』が…。ウサギさんが南東の空を見上げた時に、惑星が一直線に並んでいるのが皆様にお伝えするのに、分かりやすいかなと」

 神社のシンボルである「幸せのなでうさぎ」から、うさぎ→月→宇宙という連想で作られ、一日100人が受ける人気だそうです。

 そんな惑星パレード、実はもう見えています。

 京都大学の天体観測チームが18日に石垣島で撮影した1枚。画面左から水星・金星・天王星。ちょっと離れて火星・木星・海王星、最後は土星。右側の明るいのは月です。

 この写真はツイッターで9.9万いいねを獲得。

 大切な天体を忘れていました。

 水平線を入れて、我らが「地球」も入った写真です。

 珍しい「火球」の映像や、雷が宇宙へに向かって放電する現象「スプライト」などを撮影している、平塚市博物館の藤井さんも19日に撮影。

 京都大学とは一日違いの撮影ですが、月の位置が大きく変わっているのが分かります。

 24日の朝が、最も条件がいいというのはこの月がポイントになります。

 株式会社アストロアーツが作成した、日の出45分前の惑星の位置イメージです。6月18日からの月の動きを見ると、24日には抜群の位置に。惑星パレードが見えるのは、日の出前のわずかな時間です。

こんな記事も読まれています