5類見直し 後藤大臣「強力な措置を残しておくべき」[2022/07/29 14:36]

 新型コロナの感染症法上の位置付けについて2類相当から5類への見直しを求める声が上がるなか、後藤厚生労働大臣は「強力な措置を残しておくべき」という考えを示しました。

 後藤厚生労働大臣:「伝家の宝刀ともいうべき、いわゆる特措法上の強力な措置の可能性を残しておくべきだと」

 新型コロナの感染症法上の扱いは現在、結核などと同じ2類相当ですが、これを季節性インフルエンザ並みの5類へと見直しを求める意見が全国知事会などから上がっています。

 一方で、5類に見直すと入院勧告などの措置が取れなくなるため、後藤大臣は現時点で見直しの考えがないという認識を示しました。

こんな記事も読まれています