東京都がPFAS(有機フッ素化合物)の電話相談窓口を来月1日から開設[2023/04/28 17:25]

 東京都は人体に有害な可能性のある有機フッ素化合物=PFASについて、電話相談窓口を来月1日から開設すると発表しました。

 電話相談窓口は平日の午前9時から午後5時までで、初日の5月1日は午後1時からです。

 PFASは、高濃度だと人体に有害な可能性があるとされています。

 東京・多摩地域の水道水に使われていた井戸水からPFASが検出された問題を受けて都民の不安解消につながればと、PFASの性質や現在の規制状況などについて答えるとしています。

 都は健康への影響は分からないとしながらも、一部の井戸を一時停止するなどの対応を行っています。

電話番号:03−5989−1772
初日の5月1日は午後1時〜

こちらも読まれています