注目の大谷が初の代表入り 日米野球のメンバー発表[2014/10/09 17:39]

 11月に開幕する日米野球の代表メンバーが発表されました。

 侍ジャパン・小久保裕紀監督:「2017年のWBCに向けて、若い年齢層と言いますか、経験を積ませたいという選手も呼びました」
 注目の2刀流、日本ハム・大谷翔平が初めて代表入り。今大会は野手ではなく、投手での起用が濃厚です。捕手は巨人のドラフト1位ルーキー・小林誠司が初選出。内野手は、日本人右打者最多安打記録を更新したヤクルト・山田哲人。また、4番候補として日本ハム・中田翔が選出されました。メジャーオールスターチームと対戦する日米野球は11月12日に開幕です。

2014SUZUKI日米野球侍ジャパンメンバー
 投手:岸孝之(29)、松葉貴大(24)、則本昂大(23)、井納翔一(28)、大谷翔平(20)、藤浪晋太郎(20)、前田健太(26)、金子千尋(30)、西勇輝(23)、西野勇士(23)、小川泰弘(24)、牧田和久(29)、高橋朋己(25)
 捕手:小林誠司(25)、伊藤光(25)、嶋基宏(29)
 内野手:今宮健太(23)、松田宣浩(31)、菊池涼介(24)、坂本勇人(25)、中田翔(25)、山田哲人(22)銀次(26)
 外野手:内川聖一(32)、糸井嘉男(33)、丸佳浩(25)、柳田悠岐(26)、中村晃(24)