「失格」判定覆る…荒井広宙 日本競歩の初メダル[2016/08/20 05:52]

 リオデジャネイロ・オリンピック、陸上男子50キロ競歩です。去年の世界選手権4位の荒井広宙(28)はレース終盤、カナダのダンフィーと3位争いを繰り広げます。一度は追い抜かれた荒井。追い抜き返す際に荒井のひじがぶつかり、ダンフィーがバランスを崩しました。荒井は3位でフィニッシュし、銅メダル獲得かと思われましたが、カナダ側が荒井の接触が妨害行為だと抗議し、この抗議が認められて荒井は失格になりました。これに対して改めて日本陸連が抗議したところ、失格の判定が覆り、荒井の銅メダルが復活しました。日本競歩、初のメダル獲得です。