ショートトラック斎藤慧選手 ドーピング検査で陽性[2018/02/13 11:49]

 日本オリンピック委員会は13日、スピードスケート・ショートトラックの斎藤慧選手にドーピング検査で陽性反応が出たと発表しました。

 日本代表選手団団長・齋藤泰雄:「ドーピング検査の結果、陽性反応が出ました事例が発生致しました」
 スピードスケート・ショートトラックの斎藤選手は選手村で行われた抜き打ち検査で、禁止薬物「アセタゾラミド」に陽性反応が出たということです。違反となれば冬季オリンピックの日本勢では史上初めてのケースです。斎藤選手はショートトラックの5番手として初めてオリンピック代表に入り、4人が出場するリレーで補欠の立場でした。斎藤選手は「心当たりはない」と話しているということですが、反論できる証拠がないため、今大会の選手資格停止を受け入れたということです。