世界バドミントン 日本勢が4種目で決勝進出[2019/08/25 12:17]

 スイス・バーゼルで行われている世界バドミントン。日本勢は全5種目のうち4種目で決勝進出を決めました。

 男子シングルス、日本人初の連覇を狙う桃田賢斗(24)の準決勝。序盤、互角の展開でしたが、後半で一気に突き放して桃田が第1ゲームを奪いました。第2ゲームは、桃田得意のヘアピンショットなどで相手を翻弄(ほんろう)しました。桃田は王者の貫録で決勝進出。今大会、全てストレート勝ちです。
 2年連続決勝進出・桃田賢斗:「ラスト1試合なのでネガティブなことを考えず、自分のすべてを出し切りたい」
 こちらも連覇を狙う、女子ダブルス「ナガマツペア」。序盤から、持ち味の連続スマッシュでリードし、インドネシアペアにストレート勝ち。決勝は「フクヒロペア」との日本勢対決になりました。女子シングルス、男子ダブルスも決勝進出を決め、4種目で金メダルをかけた戦いに挑みます。