ジャイアントキリング!全日本フットサル選手権決勝[2021/03/07 19:10]

フットサルの日本一を決める「JFA第26回全日本フットサル選手権大会」
Fリーグ、各地域から計32チームが参加し、激闘が繰り広げられた。

決勝に駒を進めたのは、2部リーグを全勝優勝した「トルエーラ柏」と
この大会10年ぶりの優勝を目指すF1リーグの「フウガドールすみだ」

トルエーラ柏は準々決勝で、絶対王者・名古屋オーシャンズ、
準決勝で1部リーグ2位のバサジィ大分を破って決勝進出を決めてきた。
一方のフウガドールすみだは、地域リーグ時代から15年間、チームを指揮した須賀雄大監督が退任。
1部リーグの意地を見せ、監督の退任の花道を優勝で飾ることはできるのか?

試合は前半27分に柏が、サカイ ダニエル ユウジのゴールで先制。
意地を見せたいすみだは、後半パワープレーで猛攻。
すると試合終了間際の37分に鬼塚 祥慶のゴールで同点に追いつき、決着は延長戦へ。

延長戦に入ると、柏が怒涛のゴールラッシュで5対1と、すみだを突き放す。
すみだも、1部リーグの意地を見せるが、力およばず。

F2リーグのトルエーラ柏が、ジャイアントキリングを果たし、
見事、大会初優勝を成し遂げた。

こんな記事も読まれています