東京五輪“快勝”スタート ソフトボール日本代表[2021/07/21 12:07]

 東京オリンピックは23日の開会式に先立ち、21日に競技が始まりました。午前中に福島県で行われたソフトボールで、日本が初戦を快勝しました。

 北京オリンピックに続く金メダルを狙う日本。

 先発はエースの上野由岐子(38)。しかし1回、いきなり満塁のピンチを招くと、デッドボールで押し出し。オーストラリアに先制を許します。

 それでも日本はその裏、ランナー2塁のチャンスを作ると、4番・山本優(32)のライト前タイムリーで同点とします。

 先発・上野は2回以降立ち直り、圧巻のピッチングを見せます。オーストラリアに追加点を許しません。

 すると3回、ランナー2塁で3番・内藤実穂(27)が勝ち越しホームラン。

 その後も2本のホームランなどで大量8点を奪い、コールド勝ち。日本選手団を勢い付ける快勝スタートです。

こんな記事も読まれています