羽生結弦 北京五輪後初の演技 「全力でできる」練習公開も[2022/05/26 20:10]

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(27)がカメラの前で久しぶりに演技を披露。ファンに向けて思いを語りました。

 羽生結弦選手:「(Q.北京五輪以来となる演技の舞台だが?)右足首のけがが自分が思っているより大きくて、うまく練習できない日々もあったんですけど、だいぶ落ち着いてきましたし、まだ完治ではないですけど、しっかりケアしながら付き合いながら全力で演技できるところまではきました」

 北京オリンピックから3カ月。羽生選手がリンクに戻ってきました。

 27日に幕張で開幕する「ファンタジー・オン・アイス」。オリンピックや世界選手権で活躍する一流スケーターが一堂に会するアイスショーです。

 羽生選手はオリンピック後、初めて公の場での演技を披露します。

 ファンタジー・オン・アイスは新型コロナウイルスの影響で去年、おととしと開催を断念。今年、3年ぶりに帰ってきました。

 羽生結弦選手:「アイスショーのなかでも『ファンタジー・オン・アイス』は自分のなかでも特別な存在ですし、小さいころからずっと同じオープニングを滑ってきて、またこの季節に無事たどり着けることができたなと思って、すごくうれしく思っています」

 一方で、4回転半ジャンプについては、こう語りました。

 羽生結弦選手:「自分がフィギュアスケートをやっているなかでの熱量の根源みたいなものなので、ずっと目指していけたらいいなと思います」

 いよいよ27日から始まる「アイスショー」。羽生選手は日本のファンの前で滑ることについて、こんな思いがあるそうです。

 羽生結弦選手:「ファンタジーは実際に会場も熱いんですけど、皆さんの見て下さる熱気というか、そういうものを感じながら僕たちも滑っているので、正直、今までリハーサルしている時も『あっつ』と思いながらやってましたけど、それこそファンタジーだなと思いながら滑れていますね」「(Q.アイスショーは特別なもの?)また違った雰囲気も味わいつつ、『ファンタジー・オン・アイス』だなと感じられるものになっていると思う。良いなと思う」

CSテレ朝チャンネル2では下記日程でファンタジーオンアイス2022を放送致します。

【幕張公演】
・5月29日(日)午後1時から生中継
・幕張公演3日間 完全版を7月23日(土)&24日(日) 午前11時 放送

【名古屋公演】
・6月5日(日)午後1時から生中継

こんな記事も読まれています