【放送されました】圧巻のドローン映像!高さ80mダムを“鯉の滝登り”

投稿ネーム:渡辺豊さん
投稿日:2018年5月3日
 豪快な滝のような景色を悠然と泳ぐこいのぼり。

 宮城県大崎市の鳴子ダムでは、ダムにたまった雪解け水の放水が行われています。これは、施設の安全を確認するために昭和33年からほぼ毎年、行われているもので、壮大な水の流れが「すだれ」のように見えることから「すだれ放流」と呼ばれ、ゴールデンウィークの風物詩となっています。ダムの前につるされたこいのぼりは地元の小学生によって制作されたもので、晴れた日の午後はその影が水に写って滝を登るように見えることから「コイの滝登り」と呼ばれ、地域の人々や観光客から親しまれています。訪れた人は、高さ80メートル、幅95メートルにわたって大量の水が流れ落ちる様子を写真に収めたり、その壮観に見入ったりしていました。このすだれ放流は5日まで行われています。

まるで黄金の草原…宮城で花菜が見頃ピーク

投稿ネーム:大山勝浩さん
投稿日:2018年5月25日
 宮城・加美町の「やくらいガーデン」では、花菜が見頃のピークを迎えています。

 広さ約3万平方メートルに渡って咲き誇る鮮やかな黄色の花々は、暑さに負けず例年通りの咲き具合だということです。まるで黄金の草原のような、この広大な花菜の畑は、6月3日まで公開されています。

【放送されました】人の背丈よりも高い 鎌倉市の安養院でツツジ見頃

投稿ネーム:白井将美さん
投稿日:2018年4月30日
 鎌倉では、この時期を代表するある花が例年より1週間早く見頃を迎えていて、このゴールデンウィーク中、ずっと見られるかが微妙な状況になっています。

 神奈川県鎌倉市にある安養院はツツジの名所として知られていて、例年多くの人が訪れます。樹齢100年を超えるこのお寺のツツジは、人の背丈よりも高く咲き誇る圧倒的なボリュームが特徴です。例年はゴールデンウィークの後半に見頃がピークを迎えるということですが、今年は1週間見頃が早まったため、大型連休の後半までは花がもたないだろうということです。今年は少し早めに見に行った方がよさそうです。