都内百貨店で初売りスタート!福袋を求め2万人行列[2017/01/01 11:54]

 東京都内の百貨店では、元日から初売りが始まり、福袋を求めて多くの人が詰め掛けました。

 買い物客:「福袋狙いで朝早く起きて来ました。5時くらいに起きて初日の出見て、それで(初売りに来ました)」「欲しい物が買えたので満足しました」
 東京・池袋の西武百貨店では、開店前から2万人が集まり、行列を作りました。こちらでは酉(とり)年の「鳥」にちなんで、「超」をテーマにした福袋約15万個を1日午前9時半から販売しました。多くの百貨店が2日から初売りを始めるなか、そごう・西武では、2013年から元日に初売りを始めています。1日も約40万人を見込んでいて、毎年、一年のうちで最高の売上げを記録しているということです。
 西武池袋・持谷崇也販売促進部長:「(お客が)例年以上に多いかなという気がしています。いつ来ても『楽しい店よ』と言ってもらえるのが一番。それに数字が付いてくれば」

こんな記事も読まれています