日銀が国債「指値オペ」金利0.11%で無制限買い入れ[2017/07/07 10:40]

 長期金利が5カ月ぶりに0.1%台まで上昇したことを受けて、日銀は7日に国債の買い入れ額を増やすとともに、通算3回目となる「指値オペ」を実施しました。

 日銀は午前の国債買い入れで、期間が5年から10年の国債の買い入れ額を前回の4500億円から5000億円に500億円、増額しました。日銀がこの期間の買い入れ額を増やすのは今年1月27日以来、5カ月ぶりです。また、同時に0.11%の金利で無制限に買い入れを行う指値オペを今年2月3日以来、5カ月ぶりに実施しました。債券市場では朝から、アメリカやヨーロッパの金利上昇を受けて10年物国債の利回りを示す長期金利が約5カ月ぶりに一時、0.105%まで上昇していました。日銀の一連の対応を受けて長期金利は一時、0.085%まで低下しました。