リニア談合事件 大手ゼネコントップが陳謝[2017/12/23 01:12]

 リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合の疑いで家宅捜索を受けた大手ゼネコンのトップが陳謝しました。

 日本建設業連合会、大成建設・山内隆司会長:「4社が家宅捜索を受けていることに関し、世間をお騒がせしていることを申し訳なく思っております」
 建設業の業界団体「日本建設業連合会」の山内隆司会長は、働き方改革の発表会見でこのように陳謝しました。会見には、リニア中央新幹線の談合容疑で捜索を受けた大成建設・鹿島建設・清水建設のトップが顔をそろえ、会長と同時に頭を下げました。山内会長は「捜査に関わる」として事件の詳細に関する質問には答えませんでしたが、「大変、関心の高い国家的なプロジェクトに支障が出ないよう精一杯、努力していく」と述べました。

こんな記事も読まれています