地域限定通貨「シモキタコイン」の運用始まる[2018/09/27 19:16]

 東京・世田谷区下北沢で、東京23区で初めて地域限定電子通貨の運用が始まりました。

 「シモキタコイン」はスマートフォンのアプリからお店のQRコードを読み取って代金を決済する仕組みで、下北沢駅周辺で使えます。お金をチャージする時と代金を支払う時でそれぞれポイントが1%加算され、たまったポイントは加盟店で使用することができます。お店にとってはクレジットカードよりも導入コストや手数料が抑えられるメリットがあるということです。27日から運用が始まり、加盟店でカレーの食べ歩きを楽しむこともできます。キャッシュレス決済は、日本はアメリカや中国、韓国に比べて導入が遅れていて、このような地域限定の決済サービスが定着するかどうかは一つの試金石となりそうです。

こんな記事も読まれています