TOEIC平均点は830点 楽天社長「難しい挑戦だった」[2018/10/24 11:59]

 楽天が社内言語の英語化を発表してから8年。英語の検定試験「TOEIC」の平均点が300点、上昇し、三木谷浩史社長は「難しい挑戦だった」と振り返りました。

 楽天・三木谷浩史会長兼社長:「(当時は)正直言って準備できていなかった。とても壮大で難しい挑戦だった」
 楽天は2010年に社内言語の英語化を発表しました。現在は社内の会議は英語で行われていて、外国籍の社員も2割以上に増えました。2010年に平均526点だった英語の検定試験「TOEIC」の点数は現在、830点に伸びたということです。

こんな記事も読まれています