うなぎの食品ロス8割減 完全予約で利益も大幅増[2020/08/24 18:58]

 うなぎの食品ロスが約8割減少しました。

 コンビニ大手のファミリーマートは今年の土用の丑(うし)の日までのうなぎの関連商品で、完全予約制の販売によって食品ロスによる廃棄金額がおととしよりも約8割減少したと発表しました。また、その結果として加盟店の利益が約240%増加したということです。ファミリーマートでは食品ロス削減のため、去年からうなぎやクリスマスケーキ、おせち、恵方巻など季節商品を完全予約制で販売しています。この他にもコンビニ業界では消費期限の近い商品を割引で販売するなど、食品ロスを削減する取り組みが広がっています。

こんな記事も読まれています