外食9400店舗が割引・ポイント付与 28社が協力[2021/10/14 14:11]

 新型コロナの影響で利用が大幅に落ち込んだ外食を盛り上げようと大手外食チェーンなどおよそ9400店舗が協力して割引やポイント付与などを始めると発表しました。

 吉野家ホールディングス・河村泰貴社長:「元気になるためには、安心して外食を楽しめる、かつての日常を取り戻していくことが必要」

 14日から始まる「#外食はチカラになる」プロジェクトには、大手外食チェーンのロイヤルホールディングスや吉野家、大手決済サービスのPayPayやグルメサイト大手の「ぐるなび」、Tポイントなど28社が参加します。

 全国のおよそ9400店舗で「ドリンク半額」や「ギョーザ半額」などの割引やポイント還元などを行い、新型コロナの影響でダメージを受けた外食産業の活性化を図ります。

 プロジェクトは年内までの予定で、今後も参加する店舗の数を増やす方針です。

こんな記事も読まれています