トウモロコシから繊維 環境に優しく抗菌効果も[2021/12/06 19:04]

 トウモロコシから環境に優しい繊維が開発されました。

 新しいプラスチック繊維「ハイラクト」は、トウモロコシを発酵させてできる乳酸を原料としています。

 廃棄する際に微生物の働きで水と二酸化炭素に分解されるため環境への負荷を減らすことができるほか、添加剤などを使わなくても抗菌効果があるということです。

 これまで強度や耐熱性に課題がありましたが、生地の加工・販売を行う会社と提携したことで品質が向上したということです。

 開発した「ハイケム」はコスト削減を進め、従来のプラスチック繊維からの置き換わりを目指すとしています。

こんな記事も読まれています