塩野義のコロナワクチン 3000人の試験で「安全性確認」[2022/04/22 20:03]

 新型コロナワクチンを開発している塩野義製薬は、およそ3000人を対象とした試験で安全性を確認したと発表しました。

 組み換えタンパクワクチンを開発している塩野義製薬は、国内でおよそ3000人を対象に去年秋から試験を実施しています。

 発熱などの副反応は多くみられましたが、安全性の重大な懸念は認められなかったと明らかにしました。

 また、2回目の接種後に中和抗体価の増加を確認したということです。

 塩野義製薬はこのほか、すでに承認されているアストラゼネカ製のワクチンを接種した場合と有効性を比較する最終段階の試験などを実施していて、これらのデータがそろえば厚生労働省に承認申請をすることにしています。

こんな記事も読まれています