原発使う全ての国、“核のゴミ”問題の解決急ぐべき[2015/03/25 11:55]

 原発から出る高レベルの放射性廃棄物の最終処分について、アメリカ・エネルギー省のモニス長官は、日本など原発を使うすべての国が最終処分方法の決定を急ぐべきだと訴えました。

 米エネルギー省・モニス長官:「放射性廃棄物の解決は原発を使おうとしているすべての国にとって、解決されなければならない共通の大きな課題だ」
 モニス長官は会見で、原発の実現可能性を確かにするために、高レベルの放射性廃棄物の最終処分問題を解決しなければならないと強調しました。モニス長官は、放射性廃棄物を地中深くに埋める「地層処分」が国際的に最適な方法だとしています。アメリカでは、放射性廃棄物の最終処分場が決まっていません。今後、国内に試験的な最終処分場を設置し、住民などの同意を得られるか調査する案を明らかにしました。