米でジカ熱拡大 クリントン氏が対策強化訴える[2016/08/11 14:50]

 アメリカ南部フロリダ州で、現地の蚊が媒介したことで感染したとみられるジカ熱の患者が21人に増えました。民主党の大統領候補・クリントン氏は対策を強化するよう訴えています。

 フロリダ州知事は9日、マイアミの北部ウィンウッドの周辺でジカ熱の患者が21人に増えたと発表しました。マイアミでは先月29日、渡航歴や感染者との性交渉がない男女4人がジカ熱に感染したことで地元の蚊による感染拡大が懸念され、郡当局は殺虫剤の空中散布などの対策に乗り出しています。民主党の大統領候補・クリントン氏は9日、マイアミの診療所を訪れ、ジカ熱の治療や研究の必要性を訴えました。そのうえで、アメリカ議会がジカ熱に関する緊急拠出法案を可決させるために、議員は夏休みを返上して審議すべきだと批判しました。

こんな記事も読まれています