「不法移民500万人が不正に投票」 トランプ大統領[2017/01/25 11:50]

 アメリカのトランプ大統領が議会幹部との会合で、大統領選挙で500万人が不正に投票したと主張していることが分かり、アメリカのメディアなどからこの主張に対する疑問の声が上がっています。

 CNNによりますと、トランプ大統領は23日の共和党と民主党の幹部を招いた会合で「最大500万人の不法移民がクリントン氏に投票した」と述べました。これまでに不正投票の証拠は出ていませんが、トランプ氏は総得票数で民主党のクリントン氏に及ばなかったのは不正投票の結果と強調する狙いがあるとみられます。
 ホワイトハウス、スパイサー報道官:「(大統領は)不正で違法な投票が行われたことについて、研究や根拠に基づいて懸念している」
 また、ホワイトハウスのスパイサー報道官はトランプ大統領を擁護しましたが、具体的な根拠を示しませんでした。