フィリピンでモール火災 37人死亡 多数閉じ込めか[2017/12/24 11:51]

 フィリピン南部のショッピングモールで火災があり、37人が死亡しました。

 屋上にいる人たちが縁をつたって黒い煙から懸命に逃げています。23日、フィリピン・ダバオのショッピングモールで火災が起き、37人が死亡したとみられています。ドゥテルテ大統領の息子で、ダバオ副市長のパオロ・ドゥテルテ氏が自身のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で全員の名前を公表し、生存の望みはないと発表しました。地元メディアによりますと、建物は4階建てで、繊維製品や木製家具を扱う3階から出火して一気に燃え広がったということです。出火の原因は分かっていません。犠牲者の多くは4階にある24時間営業のコールセンターに閉じ込められたとみられています。