レーダーから消え…モスクワで旅客機墜落 71人死亡[2018/02/12 05:53]

 モスクワの近郊で旅客機が墜落し、71人が死亡しました。

 タス通信によりますと、11日にモスクワ近郊でサラトフ航空の703便が墜落し、乗客乗員合わせて71人全員が死亡しました。墜落したのは、モスクワからロシア南部のオルスクに向かっていたアントノフ148で、離陸の数分後にはレーダーから消えたということです。墜落の原因は分かっていませんが、捜査当局は操縦ミスか機体の故障という見方を強めています。