仏の世界的デザイナー ジバンシィ氏(91)死去[2018/03/13 05:55]

 フランスのファッションデザイナー、ユベール・ド・ジバンシィさんが亡くなりました。91歳でした。

 1927年にフランス北部で生まれたジバンシィさんは17歳でファッションの世界に飛び込み、24歳で最初のコレクションを発表しました。女優のオードリー・ヘップバーンさんが愛用したことでも知られ、映画「ティファニーで朝食を」に登場した黒いドレスが注目を浴び、世界的なデザイナーへと駆け上がりました。貴族的な洗練性が際立つ「エレガンス」を特徴とする洋服は、日本を含む世界中で人気を集めました。ジバンシィさんは1995年に第一線からは引退していました。地元フランスのメディアは「フランスモード界で最もエレガントな男性で、オートクチュール黄金期の最後の偉大な証人がいなくなった」などとその死を大きく伝えています。