武田薬品が米で上場 投資呼び込み知名度向上狙う[2019/01/16 15:02]

 ニューヨーク証券取引所で武田薬品工業の上場セレモニーが行われました。製薬会社で日米双方の証券取引所に上場するのは初めてとなります。

 武田はすでに先月下旬にニューヨーク証券取引所に上場し、15日にはクリストフ・ウェバー社長が出席してセレモニーが開かれました。武田は今月、アイルランドの製薬大手のシャイアーの買収を完了させました。ニューヨークの上場はシャイアーの株主が取引をしやすくなるよう環境を整えるのも狙いです。
 武田薬品工業、クリストフ・ウェバー社長:「ニューヨークでの上場は投資家の幅を広げ、会社の知名度を上げるうえでプラスになる」
 ウェバー社長は武田の売り上げの半分近くをアメリカが占めていることなどを説明し、事業の拡大に向けてニューヨークでの上場の意義を強調しました。