レース事故も奇跡の復帰 元F1ニキ・ラウダさん死去[2019/05/21 18:52]

 「不死鳥」と呼ばれたF1ドライバーのニキ・ラウダさんが亡くなりました。

 AP通信などによりますと、F1世界選手権で3回の総合優勝を果たした名ドライバーのニキ・ラウダさんが20日に亡くなりました。70歳でした。ラウダさんは1975年に初めて世界王者になりますが、翌年のレースで事故に遭って大やけどを負います。しかし、わずか6週間後に奇跡的な復帰を果たし、不死鳥と呼ばれました。その後も2回、世界王者に輝き、その半生は映画にもなっています。ラウダさんの家族は、地元メディアに対して「安らかに息を引き取った」と話しています。

こんな記事も読まれています