バンクシー作品がまた盗難…パネルごと切断される[2019/09/04 19:16]

 パリで再び「バンクシー」の作品が盗まれました。

 匿名のアーティスト「バンクシー」の作品は、パリの文化施設「ポンピドゥー・センター」前の案内板の裏に描かれていました。絵は「カッターナイフにまたがるネズミ」で、高さ3メートルほどの場所にありましたが、1日夜から翌朝までの間にパネルごと切断されて盗まれました。パリでは今年1月にも、同時多発テロで90人の被害者を出したバタクラン劇場の非常口に描かれたバンクシーのものとされる作品が盗まれています。