軍艦島の展示内容に反発 韓国外相がユネスコに書簡[2020/06/23 19:23]

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は世界遺産の軍艦島などを巡る日本での展示内容が「約束違反だ」として、ユネスコに対して登録取り消しも含めて検討するよう書簡を送りました。

 韓国外務省は23日の記者会見で長崎の軍艦島などの世界遺産を巡り、康外相がユネスコに書簡を送ったと発表しました。書簡では東京にある「産業遺産情報センター」での展示内容を適切に変更するよう日本に促し、世界遺産登録取り消しの可能性も含めて検討してほしいとしています。この展示には軍艦島での朝鮮半島出身労働者への虐待や差別を否定する内容が含まれていて、韓国政府が「史実の歪曲(わいきょく)だ」と日本に抗議していました。

こんな記事も読まれています