北朝鮮の与正氏「特級の愚か者だ」韓国を痛烈批判[2021/01/13 10:35]

 北朝鮮の朝鮮労働党大会で、これまで務めていた政治局候補委員に選ばれなかった金総書記の妹の与正(ヨジョン)氏は、平壌で軍事パレードが行われた模様だと発表した韓国を「特級の愚か者だ」と痛烈に批判しました。

 朝鮮中央通信によりますと、与正氏は韓国向けの談話で「奇怪にも南朝鮮軍が我々の閲兵式を捕捉したなどと言葉を吐いた」としたうえで、「地球上でよその慶事に軍が『情況捕捉』などの言葉で敵対心を表すのは唯一、南朝鮮だけだ」と痛烈に批判しました。

 そのうえで、「誰かを狙った演習でも何かを飛ばそうとしたわけでもないのに、なぜ首を長く他人の家をのぞくのか」「今回のことも必ず責任を取らせる」と強く牽制(けんせい)しました。

 談話の発表には党大会後も自身が対韓国担当として健在だとアピールする狙いもあるとみられます。

こんな記事も読まれています