“国債の利払い期限終了”ロシア側デフォルト認めず[2022/06/28 06:12]

 ロシア大統領府の報道官はロシアの外貨建て国債の利払いが猶予期限までに行われなかったことについて、支払い義務は果たしていてデフォルト=債務不履行ではないなどと主張しています。

 ブルームバーグ通信などによりますと、ロシアは金融制裁で国外の債権者への支払いルートが断たれ、猶予期限の26日を過ぎても一部投資家に利払いができませんでした。

 欧米側はデフォルトに該当するとの認識を示しています。

 一方、ロシア大統領府のペスコフ報道官は27日、支払い義務は5月に果たしているとして、債権者に届かなかったかどうかはロシアの問題ではないなどと主張しました。

 そのうえで、「デフォルトだとの主張に同意しない」と述べました。

 そんななか、ルーブルは27日、モスクワ市場での取引で一時下落したものの、その後持ち直しています。

こんな記事も読まれています