トランプ氏の日本の核保有容認にケリー氏「危険だ」[2016/04/12 15:40]

 アメリカのケリー国務長官はテレビ朝日とのインタビューで、共和党のトランプ候補が日本の核保有を容認する発言をしたことについて「危険で浅はかだ」と強く批判しました。

 ケリー国務長官:「(トランプ氏の核容認発言は)それはダメだ。とても危険で浅はかな見解だ。大統領も私も核軍縮を表明しているが、トランプ氏の見解は、これまでたくさんの政府関係者が取り組んできたことと正反対だ」
 ケリー長官はさらに、「我々は核兵器を廃絶しようとしている。核兵器の拡大を言うなら世界の指導者になる資格はない」とトランプ氏の発言を一蹴しました。アメリカ大統領選挙で共和党の候補者レースのトップを走るトランプ氏は、日本や韓国が北朝鮮の脅威に対応するために核兵器を保有することを容認する発言を繰り返しています。

こんな記事も読まれています