性犯罪厳罰化の110年ぶり大幅改正 会期末ようやく[2017/06/16 17:16]

 性犯罪の厳罰化は刑法制定以来、110年ぶりの大幅改正です。

 参議院本会議ではまもなく、刑法改正案が可決・成立します。「強姦罪」の名称を「強制性交等罪」に改めることや、法定刑の下限を3年から5年に引き上げるなど厳罰化を盛り込んでいます。さらに、被害者の精神的な負担を軽くするために、被害者の告訴がなくても起訴できるようになります。与野党とも成立を強く求めていましたが、与党がいわゆる“共謀罪”法より審議を後回しにしたため、事実上の国会会期末である16日まで成立がずれ込みました。

こんな記事も読まれています