男性の育休義務化と意識改革目指す…自民に議連発足[2019/06/05 11:51]

 男性が育児休暇を取得するよう企業に義務化させることを目指す自民党の議員連盟が立ち上がりました。今月中に政府への提言を取りまとめる方針です。

 “男性の育休義務化議連”・松野会長:「議員連盟の目指す目的というのは男性、企業、社会の男性の育児参加に対する意識改革を行っていこうと」
 議連では、男性社員からの申請がなくても企業の責任で育児休暇を取得させるよう法改正などを進めたいとしています。一方で、「深刻な人手不足のなかで、中小企業にとって過度な負担にならないか」などの意見もあり、これらの対策も含めて議論を進めます。約6%にとどまっている男性の育休取得率を上げるため、政府に対する提言案を今月中に取りまとめる方針です。