日本学術会議“任命問題”に菅総理が言及[2020/10/05 18:22]

 日本学術会議の任命見送り問題を巡り、菅総理大臣が記者団の質問に答えました。

 菅義偉総理大臣:「(Q.日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を拒否した理由は?)推薦された方をそのまま任命してきた前例を踏襲してよいのか考えてきました。日本学術会議については省庁再編の際に、そもそも必要性を含めて、その在り方について相当の議論が行われ、結果として総合的俯瞰(ふかん)的な活動を求めることになりました。まさに総合的俯瞰的活動を確保する観点から今回の任命についても判断させて頂きました。こうしたことを今後も丁寧に説明をしていきたい」「(Q.研究者のなかでは学問の自由の侵害との指摘がある)学問の自由とは全く関係ないということです。どう考えても、そうじゃないでしょうか」

こんな記事も読まれています