全国に約930カ所 気象観測所を徹底検証[2014/08/13 17:14]

 全国には気温の観測所が約930カ所あり、場所によってそれぞれ環境が違っています。

 まず、関東随一の暑さで知られる埼玉県の熊谷市。四方を芝生に囲まれるなど緑が多く、風通しが良さそうな場所です。一方で、熊谷市と並ぶ暑さの群馬県館林市はというと、駐車場の横にあって、すぐそばがアスファルトの道路となっています。岐阜県多治見市では、消防署の敷地内に観測所が設けられ、また、国内史上最高気温を去年に観測した高知県四万十市は、芝生に温度計が設置されていて、すぐ横には駐車場という環境になっています。そして、京都府の京田辺市では、2010年に39.9度を観測した際、温度計にツタが絡まっていることが発覚。熱がこもり、温度が上がった可能性があるとして記録は認められませんでした。

写真提供:京都地方気象台

こんな記事も読まれています