数珠で電車が止まった?…ラッシュ時の中央線遅れる[2015/10/05 17:10]

 朝のラッシュ時に電車を止めたのは意外なものでした。

 5日午前7時25分ごろ、JR中央線の西国分寺駅で上りの快速電車が出発する際、扉が1枚、閉まらなくなりました。いったん、すべての乗客をホームに降ろし、乗務員らが詳しく調べたところ、扉の下の溝の部分から透明な玉が一つ見つかりました。数珠に使われるような穴の開いた小さな玉で、この玉を取り除くと扉が正常に動いたということです。JRは、改めてこの電車に乗客を乗せ、約15分後に運転を再開しました。朝の通勤時間帯だったため、当時の中央線快速電車は乗車率100%を超えていたということです。