山口大学が痛恨のミス! 入試問題の答えが受験票に[2016/02/27 11:52]

 山口大学は、25日の入学試験で国語の問題に出題ミスがあったことを明らかにしました。

 ミスがあったのは文章中の片仮名を漢字に直す問題で、携帯電話の「ケイタイ」を漢字で書かせるというものです。しかし、試験中に机の上に置くように指示している受験票の裏に「携帯電話の電源を切る」と漢字で表記されていました。国語の試験を受けたのは人文学部、教育学部、国際総合科学部を受験した475人で、山口大学はこの設問について全員を正解としました。山口大学は受験生におわびしたうえで、「再発防止に向け、万全を期す」としています。