120年に一度咲く“ササの花”が一斉に開花[2016/06/11 20:55]

 120年に一度しか咲かないといわれる珍しいササの花が一斉に開花しました。

 観光客:「100年に一回、ロマンを感じます」
 愛知県設楽町の山あいで開花したのは「スズタケ」といわれるササの一種で、小さな黄色い花を咲かせています。スズタケは120年の周期で開花した後、枯れてしまうため、広い範囲で一斉に開花するのは珍しいということです。